シーズン

Category

バイオ電池の最新動向,
病気がみえる,
CARB0FF 本当に糖質の吸収をおさえる方法,

New

美の譜(1) 植村鷹千代対談集 人文/社会 [定休日以外毎日出荷中]

美品 鼻形成術 鼻手術 教科書 美容外科,

美の譜(1) 植村鷹千代対談集 [定休日以外毎日出荷中]

美の譜(1) 植村鷹千代対談集
#植村鷹千代 #植村_鷹千代 #美の譜 #本 #倫理・道徳/倫理・道徳 こちらは中古品です。 汚れや角スレ、シミ、日焼けあります。 手軽に読めたらいいかな〜という方におすすめの商品です。 個人管理商品のため中身までしっかり検品できていない可能性もあります。シールや書き込みなどあるかもしれません。事前にお問い合わせください。 購入後は対応致しかねます。 ※長崎県内引き取り可能です。割引も。 ※他掲載商品と同梱歓迎です(^^)多少のお値引きも… ※発送は簡易包装です。 ※可能なものはネコポスにて、段ボール使用時は再利用段ボールを使用したいと思います。 ※ノンクレームノンリターンでよろしくお願い致します。

美の譜(1) 植村鷹千代対談集 人文/社会 [定休日以外毎日出荷中]

美の譜(1) 植村鷹千代対談集 人文/社会 [定休日以外毎日出荷中]

美の譜(1) 植村鷹千代対談集 人文/社会 [定休日以外毎日出荷中]

  • 1.00

    観なきゃ良かったNo.1

    ss子

    夫婦の争いが余りに醜く観るに耐えず途中から最期迄飛ばして観ました。子供達が可哀想…

  • 5.00

    愛情あまって憎さ百倍?

    西村哲也

    夫婦の争いを通して「報復主義」の空しさを描くという 大胆な試みに驚かされる作品であります。 「精神的には男性より女性のほうが強い」という秘められた真理を ユーモラスに描いている点も素晴らしいです。

  • 2.00

    ブラック・コメディなのか? サスペンスなのか?

    あんたにグラッツェ

    離婚間際の夫婦を主人公に、離婚の修羅場をブラックユーモアで表現した(しようとした)作品。監督は「バットマン リターンズ」でペンギン役を怪演したダニー・デヴィート(本作にも出演している)。出演はマイケル・ダグラス、キャスリーン・ターナー、マリアンヌ・ゼーゲブレヒト(「バグダッド・カフェ」で主人公を演じた)、ショーン・アスティン。音楽は、「作曲家一族」ニューマンファミリーの一員、デヴィッド・ニューマン。主演のマイケル・ダグラスとキャスリーン・ターナーは、本作同様、主演を務めた冒険映画「ロマンシング・ストーン/秘宝の谷」では、最後には結ばれる冒険家とハーレクイン作家を好演しているが、本作ではドロドロの離婚闘争(まさに「闘争」)を繰り広げる離婚間近の夫婦を演じている。しかし、この「闘争」の部分で笑いを取ろうとしているのだろうが、これがまるで笑えないのが痛い。二人の争いがどんどんエスカレートしていくのを観ても、クスリとも笑えない。本来ならここが一番の笑いのポイントのはずなのだが。ただドロドロ、グチャグチャしている陰湿な争いを見せられても、こちらとしては笑うことは出来ない。本作が、もしサスペンス映画として作られていたとしたら、女の怖さと男の醜さが描かれていて合格なのだが、本作はあくまでブラック・コメディだし(少なくともダニー・デヴィート監督はそう思って作っている)。主演に起用した二人にも問題があるのかもしれない(これは完全にダニー・デヴィート監督のミスだが)。例えばこれが、スティーヴ・マーティンとゴールディ・ホーンというコメディを得意とする俳優が演じていれば、まだ救いはあったかも。マイケル・ダグラスとキャスリーン・ターナーという組み合わせは、どうもコメディに合っていないような気がするし。

  • 4.00

    ハチャメチャのようでいて・・妙なリアルさがこわい・・

    はれしょま

    夫は成功した弁護士、妻は元体操選手で美しく仕上げたマイホーム、子ども達が大学に入って妻はパーティー仕出しの仕事を始める。傍目からはまさに憧れの生活なんだが・・ 魔がさすんだよね、もう夫の顔を見たくないって・・妻が・・ 離婚には合意したものの、どちらも家を手放さず、険悪な同居が続いてついに・・夫はな〜んにも悪くはないのに、離婚を迫られる。強いて言えば最初のほうで、妻の好みに安物だと文句をつけてるところ・・クリスマスツリーにつける☆だとか、スーパーで買うようなグラスとか・・些細なことなんだけど、たぶんそういう不満が積もりつもって膨れあがる・・ まーわかります。典型的な熟年離婚のパターンだと思う。こういう場合、夫はおとなしく家を明け渡すしかないということね。この夫は家というより、妻に未練あるのがありあり。夫の同僚の弁護士のアドバイスで、財産保全のために夫が家に戻ったのがマチガイだったということ。家を失っても命を保てという教訓???

  • 5.00

    愛すればこそのめった斬り~

    ep9podak1ldghj4!

    キャスリーン・ターナーって普通にしてても何か悪人っぽいんですよね。この映画でも「ご意見ごもっとも、しかし奥さんちょっと待って!」と肩をがしっとつかんで引き止めたいモノスゴサ。最初はラブラブだったのにささいなことで相手のことが徹底的に嫌いになり、あとは憎悪がエスカレートして最後には「財産」を奪いあっていたはずなのにめちゃくちゃにぶっ壊して相手への怒りや憎しみを強烈に表現しています。ポップコーン食べながらお気楽に見ていると冷や汗タラリでガチガチに緊張します。しかしこの監督はここまで表現しつくして映画にしちまうんだから、精神(こころ)の底力が尋常でなくタフですよね。肉食人種だから?とついWASPへの逆差別をしてしまいそう。とにかくタフ、ハード、パワフル、グレートです。壊されちゃう「愛の巣」の豪華で居心地よさそうなのも見逃せません。

  • 5.00

    夫婦喧嘩映画なんだけど、他とちょっと違うかも。好き。

    Amazon Customer

    なんとなく観たが引き込まれた。面白かった。こんな万人受けしない映画つくってくれて有難い。夫婦喧嘩のシーンが多い。ここまでくると爽快!初心な新婚さんが観たら気まずくなるかもしれない。愛し合って結婚までした男女が激しく憎み合うようになる、それはただ悲しいこと?いや、悲しみを突き抜けて楽しい!という感覚がわかる方におすすめ。夫か妻に殺意を抱いたことのある方におすすめ。

  • 5.00

    Mr.&Mrs.スミスを観て思い出しました

    プアゾン御覧耳漏

    大昔ビデオで観ましたローズ家の戦争…いつか観直したいと思っていた願いが叶いました!超感動!いや〜いいですねぇ…「鬼ママを殺せ」も好きです。夫婦ってなんやろ〜ふと思ったりした方の反面教師になるかもしれません。お薦めです。

  • 3.00

    夫婦のバトル・ロワイアル

    ウィンフィールド

    競売場で出会ったオリバーとバーバラは熱烈な恋に落ちて結婚。2人の子供にも恵まれ、オリバーは法律事務所の重役にまで出世した。バーバラは念願の豪邸を手に入れた。インテリアに凝り、家の隅から隅まで気を配り、家の中を全て完璧にした時、バーバラは空虚感を感じる。彼女にはもはや夫への愛が残っていなかったのだ。・・・家の内装やケータリング業など、趣味に情熱を注ぎ、もはや愛情の対象ではない夫へ容赦なく接するバーバラの強さ、恐ろしさ。体操をやっていたという設定で、精神だけではなく肉体も強く、オリバーに真っ向勝負を挑むバーバラには背筋が寒くなります。でもこの映画、よくよく考えてみれば最初の場面で勝負の結果は見えているんですよね。きっと、壮絶な夫婦喧嘩をユーモラスに描こうというコンセプトだったと思うけれど、あまりにもブラックで私はあまり笑えませんでした。演出によっては、きっと面白く観られる作品にも仕上がったと思うのですが・・・。最後に弁護士役のダニー・デビート(←監督でもある)がローズ夫妻の話を教訓としてキッチリまとめて終わるのは良かったです。

  • 5.00

    ローズ家の戦争

    ほう

    一言で言うなら傑作です。1度は愛し合った2人が憎しみ合うとどうなるかが驚くほどリアルに描かれています。夫が病気で倒れた時に何故かほっとしている自分に気付いてしまった妻。その時からローズ家の戦争が始まります。夫は妻の愛情を信じていただけに可愛さ余って憎さ100倍。妻が固執する家から出て行かない事で仕返しをしようとしますが、あの手この手で妻も追い出しを企てます。結果悲劇的なラストを迎えるわけですが、実際あのラストで「やられた~」と思いました。妻の本心と夫の本心が実に良く表されています。未婚の方は結婚が怖くなるかもしれませんが、既婚の方は思わず「うんうん」と頷いてしまう所が多々あると思います。私のお気に入りの作品ベスト10に入ります。

  • 5.00

    ものすごく面白い!

    katsuokk

    マイケル・ダグラス出演作はハズレがない。こんなに本気で怒り合えば気持ち良いだろう。スカッとする!ただ、ここまで夫婦関係が悪化する前に、小出しに喧嘩しておけば良かったのに。ところで、夫が本当に妻を愛していたら妻の不満に気付いたはずだが、妻の小さな我慢の積み重ねに夫は気づかなかった。夫婦の亀裂に全く気づかないのは、鈍感か無関心かのどちらかだ。自分勝手に振る舞い、妻への配慮が足りなかったから、離婚を言い渡されて当然である。

美の譜(1) 植村鷹千代対談集 人文/社会 [定休日以外毎日出荷中]

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

美の譜(1) 植村鷹千代対談集 人文/社会 [定休日以外毎日出荷中]

  1. ホーム
  2. 人文/社会
  3. 美の譜(1) 植村鷹千代対談集


秋になると、旬の栗を使った洋菓子や和菓子が登場します。岐阜の東濃地方では栗きんとんが秋の風物詩です。栗きんとんと聞くと、お正月に食べるおせちの1品を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかし、岐阜で栗きんとんと言えば、おせちを指すだけのものではありません。今回は、岐阜で秋の定番和菓子となっている栗きんとんをご紹介します。

和菓子の栗きんとんには栗がたっぷり

栗きんとんは、栗に砂糖や塩を加えたシンプルな和菓子。加熱した栗の殻を剥いて中身を取り出し、砂糖を混ぜ合わせて鍋でじっくりと練り上げます。練り上げた栗を布巾で茶巾包みにし、栗の形に整えれば出来上がりです。※1※2

栗きんとん1個の重さは約30g。一般的な栗の食べられる部分は1個当たりで約20gのため、栗きんとん1個について約1.5個分の栗が使われている計算となります。※1

栗きんとんはその昔、山に自生している山栗(シバ栗)で作られていました。山栗は、現在栽培されている栗の原種に当たる小ぶりな栗です。1個の栗きんとんには約10個の山栗が使われていたといわれています。※3※4

栗きんとんで有名な岐阜の中津川市や恵那市のある東濃地方では、栗の収穫が始まる9月が栗きんとんの販売時期。販売の開始で秋の訪れを感じるほどの名物になっています。※1

「きんとん」とはどのような食べ物?


きんとんという名称にはいくつかの意味があります。一つ目は料理として、二つ目は和菓子としての意味です。

料理としての「きんとん」は、さつまいもなどで作った餡に、甘く煮た栗やいんげん豆などを混ぜたもの。さつまいもの餡に栗の甘露煮を混ぜた、おせちの栗きんとんが代表的です。おせちの栗きんとんには、漢字の「栗金団」がよく使われます。「金団」には財宝という意味があり、これから始まる1年を豊かに過ごすための縁起を担いた食べ物でもあるのです。※5※6

和菓子としての「きんとん」は、丸めた餡や求肥(ぎゅうひ=粉上のもち米もしくは白玉粉に砂糖や水あめなどを加えて練り上げた菓子)を芯にし、裏ごしした餡をそぼろ状にしたもので包んだものを指します。そぼろ状の餡を季節に合わせて着色し、1年中楽しまれている和菓子です。このようなきんとんが作られ始めたのは、江戸時代だといわれています。※5※7

もともと、きんとんは栗の粉に砂糖を入れて丸めたものでした。中国から伝わった唐菓子の「餛飩(こんとん)」が起源となってきんとんが生まれたとされています。きんとんを漢字で書く時に金飩(きんとん)が使われることがあるのはこのためです。現在では、ひらがなの「きんとん」や「金団」の表記が和菓子で使われることが多いようです。※5※7

一般的な和菓子のきんとんと、岐阜の栗きんとんは形が異なります。岐阜で茶巾包みにした和菓子が、栗きんとんと呼ばれるようになったのはなぜなのか気になるところです。

栗きんとんと同様の和菓子は岐阜以外の地域でも親しまれており、名古屋では「栗粉(くりこ)」の名称で取り扱っているお店もあります。名古屋で栗きんとんを購入したい場合は、名称にも注意したいものです。※8※9

岐阜の栗きんとんの発祥の地は

 

和菓子の栗きんとんはどこで生まれたのでしょうか。発祥の地として有名なのは、岐阜の中津川市です。中津川駅前には「栗きんとん発祥の地」の石碑が建てられ、石碑の横にある栗きんとんの紹介看板とともに、観光客からも親しまれています。※10※11

山に囲まれた中津川市は、岐阜県内でも有名な栗の産地。古くからごはんに栗を炊き込んだり、栗を焼いたりゆでたりして人々は親しんできました。江戸時代になると、中津川市は中山道の宿場町として栄えます。茶の湯文化も発展し、様々さまざまな茶菓子が誕生。栗を使った茶菓子も数多く作られていて、栗きんとんもこのひとつだといわれています。※2※10※11

中津川菓子組合は、9月9日に栗きんとん発祥の地の石碑の前で神事を行っています。9月9日は五節句のひとつである「重陽(ちょうよう)の節句」です。この時期は栗の収穫と重なり、栗ごはんなどを食べて収穫を祝ったことから「栗節句」とも呼ばれています。石碑の前で行われる神事では、栗の豊作に対する感謝や商売繁盛などを祈願し、神事の後には栗きんとんの無料配布も実施。会場は多くの市民でにぎわいます。※1※12※13

また、美濃地方で初めて栗きんとんを作ったということから、岐阜の八百津市にある老舗和菓子店も発祥の地のひとつとして伝わっています。三代目店主が大正時代に作り始め、現在も当時の材料と製法で作られた栗きんとんが親しまれています。※14

栗きんとんを食べ比べて味の違いを楽しむ

栗、砂糖と塩などのシンプルな材料で作られている栗きんとん。シンプルだからこそ、使われている栗の産地や品種、砂糖の種類、炊き方などで味わいに変化が生まれます。栗きんとんはさまざまなお店で作られているので、食べ比べをするのも秋ならではの楽しみ方です。

中津川市のお土産物店では、栗きんとんがバラやセットで販売されています。また、中津川市内にある14店舗の栗きんとんを紹介した、「栗きんとんマップ」が中津川市観光案内所などで配布されており、地図を見ながら和菓子店を回るのも楽しみのひとつです。※15※16

ほくほくとした栗の食感、しっとりとした舌触りなど、食べ比べするからこそ奥深い栗の風味を感じながら楽しめるのではないでしょうか。自分の好みに合う栗きんとんも見つかるかもしれません。

岐阜の栗きんとんは、栗をたっぷりと使った和菓子。おせちの栗きんとんと同じ名称ですが別のものです。秋が旬の栗を使った栗きんとんは冬まで楽しめます。お店によって味わいに違いがあるので、販売が始まる時期に食べ比べてみてはいかがでしょうか。

<参考>
※1:栗きんとん
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/38_17_gifu.html

※2:郷土料理百選パンフレット
https://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/kyodo_ryouri/attach/pdf/panf-19.pdf

※3:岐阜県の郷土料理候補
http://www.location-research.co.jp/kyoudoryouri100/ryouri/21.html

※4:栗きんとん
https://www.kankou-ena.jp/gourmet/kurikinton.php

※5:たべもの起源事典 岡田哲編

※6:おせちってどんな料理?
https://www.maff.go.jp/j/agri_school/a_menu/oseti/01.html

※7:事典和菓子の世界 中山圭子

※8:くりことくりきんとん
https://www.suzumeodori.com/blog/?p=44

※9:「栗きんとん」?「栗粉」?毎日大変
https://www.wagashiya.com/hpgen/HPB/entries/16.html

※10:栗のまち中津川
https://nakatsugawa.town/attractive-malon-town/

※11:「栗きんとん発祥の地」紹介看板が設置されました
https://nakatsugawa.town/event/

※12:9月9日に栗節句が行われます
https://nakatsugawa-kankou.com/topics/

※13:【栗きんとん発祥の地 中津川の栗節句】9月9日は栗節句。栗きんとん発祥の地の碑で神事、栗きんとんの配布があります。
http://enasan.net/news/004377.php

※14:やおつの栗きんとん
https://kankou.yaotsu.jp/2016/11/01/kurikinton

※15:にぎわい特産館
https://nakatsugawa.town/tokusankan/

※16:中津川栗きんとんマップ2022ができました!
https://nakatsugawa.town/event/

Recommendおすすめコンテンツ